1. HOME
  2. ブログ
  3. 神葬祭

神葬祭

日本人は古来、人は亡くなった後もこの世にもとどまって子孫を見守る存在、祖霊と考えてきました。
ですので、神葬祭では故人の生前の功績を讃え、遺徳を偲び、その後、祖霊祭(年祭やお盆・お彼岸)では亡くなられた方の「みたま」を丁重にお祀りします。

その神葬祭は、いくつもの「おまつり」から構成されています。

/                

神葬祭

通夜祭(つやさい)
夜を徹して故人の御霊(みたま)を慰めるおまつりです。

遷霊祭(せんれいさい)
故人の御霊を霊璽(れいじ)と呼ぶ白木の「みしるし」に遷(うつ)し留めるおまつりです。

葬場祭(そうじょうさい(告別式))
故人に最後の別れをするおまつりです。

火葬祭(かそうさい)
火葬に付す際のおまつりです。

埋葬祭(まいそうさい)
遺体・遺骨を埋葬するおまつりです。

五十日祭
亡くなってから50日目に行います。

百日祭
亡くなってから100日目に行います。

命日
毎月、毎年巡ってくる亡くなった日に故人を思い出し、慕います。

年祭(ねんさい)
満1年、3年、5年、10年、以降10年ごとに行います。

石清水八幡宮|神葬祭

場所:
石清水八幡宮
香川県高松市東山崎町1098
☎︎ 087-847-7715
smd@shinmeiden.co.jp

随時受付:
各種ご祈祷はお気軽にご連絡ください。
出張御祈願・御祓・神職手配も承っております。
【初宮詣・お宮参り】【安産祈願】【七五三】
【交通安全祈願祭】【地鎮祭】【解体清祓い】

関連記事