1. HOME
  2. ご案内
  3. 解体清祓い

解体清祓い

解体工事の前に行われるお祓い。
解体工事を始めるにあたって家屋の守り神である「屋船久久遅神 (やふねくくのちのかみ)」同じく「屋船豊受姫神 (やふねとようけひめのかみ)」に対して、 これまで何事もなく無事に暮らすことができたことを感謝するとともに、解体することの報告許しを得て解体工事の安全祈願をするためのものです。

石清水八幡宮|解体清祓い

場所:
石清水八幡宮
香川県高松市東山崎町1098
☎︎ 087-847-7715
smd@shinmeiden.co.jp

随時受付:
各種ご祈祷はお気軽にご連絡ください。
出張御祈願・御祓・神職手配も承っております。
【初宮詣・お宮参り】【安産祈願】【七五三】
【交通安全祈願祭】【地鎮祭】【解体清祓い】

家以外のものを解体するときのお祓い
「井戸祓」
昔から、井戸には水の恵みを与えてくれる神様が宿っているとされ、報告もなく勝手に埋めるのは罰当たりな行為だとされています。
そのため、埋める前にお祓いを受けることが風習となっています。
「樹木祓」
長く生きた樹木には精霊が宿るとされており、むやみに切り落とすことは罰当たりだと言われてきました。そのため、木を伐採するときにもお祓いをします。
神棚を処分する際の「魂抜き」
魂が宿るとされている仏壇(位牌)や神棚を取り壊したり、移動したりする際には、「神仏の魂抜き」を行い、物に戻してから扱う必要があると言われています。

関連記事